ブログトップ

手から生まれるもの 

ripplehair.exblog.jp

息子の教育

中学に入って2回目のテストが終わりました。

前回のテストでは、テスト勉強をして、なんとか平均点より少し上を取ることができた彼。

今回は勉強を見る時間が無かったのと、本人も危機感がまるでない状態で、3日前にやっとテスト勉強をしたという状況で、社会と英語はなんとか80%は理解させることが出来たけど他はほとんど見ることが出来ずにテスト当日を向かえました。

さて・・・テストの結果は。。 国語と算数はもう残念な結果です(笑うしかない)

今の時点でほとんどを理解していないのがよくわかるという点数をとってきました。

1回目のテスト後に、学習計画を出してもらい、毎日のように勉強をしていたのですが、ただやっただけで理解していなかった事を確認しなかったという私の反省点になりました。

これから、彼をどのように導いていくか・・・。



まず、彼の今の状況を把握する。 

暗記がそんなに苦じゃないということは教えていてわかった。

社会、理科はやればそれなりの点数がとれた。説明問題は苦手。

数学は教科書を見てそれなりに理解はしているが、計算式の凡ミスが多い。応用が出来ないということがわかった。文章問題も苦手。

英語は、文章は読めて単語も書けるが、意味を理解していなかった。

国語は、空欄が多くて何がわからないのかもわからない。



そこで、勉強が出来る人にアドバイスをしてもらうことに^^;


色々な意見が出てきて、彼の性格も考えて私なりに考えてでた答えが・・・


毎日、私と一緒に勉強をする事。 ブハハ^^ 何じゃそれ?って感じ^^;

どういうことかというと・・・彼は人に教えるという事がそんなに苦じゃない事がわかった。

人に教えるということは、理解していないと教えられない。

「え?どういうこと??」 この言葉の繰り返しをする。すると彼は知っていることに関しては得意げに話し、当たり前だけど、知らないことは教えてくれない。

この知らないところを、調べてもらい私に説明してもらうことに。これを繰り返す。

基本彼中心で進めていく事にしてみた。

学習計画も見直し。

クラブチームに入って週5日の練習に参加しているので、彼が勉強にかける時間は限られている。

そこで無理のない時間を提案して、実行してもらい、一日の勉強時間が自分にとって負担なのかそうではないのかを確認してもらうことに。


私の今後の課題は、この勉強を続けていき、彼に自信をつけさせること。

基本彼は、人と争うことを好まない。なので順位がどうのと言っても心に響かないしやる気が出るわけでもない。

今の時点では、のほほ~んと生活し、好きなサッカーをし、毎日お腹が満たされていればそれで十分幸せを感じて生きてる男だから、勉強にもっと力をいれろ!!といっても、本人は今のままでいいと思っている。

努力とか根性とかそういうのは好きじゃない^^

私の子供の頃は、競争心を父親に植え付けられたので人と競争することが好きだったりするけど・・その性格は持ち合わせていないみたいだな。。

ただし、人間は何かのきっかけで変わるので基礎的なことをやり続けてスイッチが入った時に対応できるようにはしておかなくちゃね。

今は仕事もしていないし、彼と一緒に何かをすることもあと1,2年くらいだろう。

私とは性格が全く違う息子の勉強に付き合うのは正直大変だけど・・ま、楽しもうっと^^


そう、そう。私の競争心はもうすっかり無くなってしましました。

スポーツで全道2位 ヘアーメイクで全国4位 洋裁でも賞をもらいましたが、上には上がいてどんなに努力しても勝てないと思ってから、勝つことに執着が無くなりましたね。

かな~~り若い時の話ですが・・・^^; 

今なんて、誰かに勝ちたいという気持ちはゼロで、昨日よりちょこっとだけ、心が満たされていれば十分だ~♪と、そんな想いで日々を過ごしていますから。


心が乱されることは極力避ける技も身に付けたし、年取るっていいわ~笑



いや・・・年取って嫌なことも記憶できないということかも知れない・涙
[PR]
by ripplehair | 2014-09-11 13:01
<< 編み物教室 一回目 友達 >>