ブログトップ

手から生まれるもの 

ripplehair.exblog.jp

蜂窩織炎のその後

昨年9月あたりから、手荒れに悩まされ、

12月に突然ぷく~と手の甲が腫れて

その一ヵ月後に2本の指がパンパンに腫れ、次の日は肘近くまでリンパにそって腫れだしました。

病院での診断は、蜂窩織炎(ほうかしきえん)


最初はこんな手荒れから。。
c0136259_1633395.jpg


そして、ある日突然寝ていても痛いくらいに手が腫れあがります。
c0136259_16341938.jpg


ここまで腫れてやばいと思い病院へ。手荒れは薬を塗りがっちりテーピングで巻かれました。
c0136259_16351133.jpg


1週間抗生剤点滴と飲み薬で腫れはここまで回復。 
c0136259_1636143.jpg


抗生剤を点滴しないと治らないです。
c0136259_16363052.jpg


その後は、手の甲の湿疹に悩まされ
c0136259_16372169.jpg


ステロイドを塗って皮が硬くなり、皮が剥がれては痒みが増して、どうすることも出来ないくらいのボロボロの手になりました。

仕事をするのも、家事をするのも手袋なしでは全く出来ない状態で、このままではダメだとこちらの皮膚科にかかり、強いステロイドでやっとここまでキレイに治りました。
c0136259_16391776.jpg


最近は、家事は手袋なしでなんとか出来るようになったし、湿疹と痒みがたまに出るけど、出たときだけステロイドで抑えて普通の生活ができます。

この湿疹が出だしたあたりから、染めもできなくなりました。

体が大きく変わった感じ。。



シワシワのおばあさんのような手になってしまったけど・・治ってよかったわ~
[PR]
by ripplehair | 2014-06-27 16:17
<< 「40代大人女子のためのしあわ... 山崎豊子 「花紋」を読みました。 >>